鶴兆のこだわり
  1. HOME  > 
  2. 鶴兆のこだわり

鶴兆のこだわり

1. 鶴兆のお肉(厳選国産牛)
独自の仕入れルートを確立し、選び抜いた国産牛を使用。
赤身と霜降りのバランスがとれたお肉は一枚一枚丹精込めてカットされお客様のもとへ。
老若男女を虜にしてきた鶴兆自慢のお肉です。
2. 鶴兆のお米(奈良県産こだわりのお米)
お米は地元奈良県産のヒノヒカリを使用しています。
奈良の綺麗な水と盆地で元気に育ったヒノヒカリは『光沢もコシヒカリと同等』と評価されています。
そのヒノヒカリを最大限に生かす為、そしてお肉がすすむ様にとお米の仕込み方、炊き方にはこだわりを持っております。
3. 鶴兆のタレ(秘伝のタレ)
門外不出、秘伝のタレ。
創業以来変わらぬレシピをもとに調合されたそれは、どこにも真似できない逸品。
多くのお客様に愛されつづけてきた歴史がここに。
4. 鶴兆のキムチ(自家製キムチ)
「世界一うまい」と自負できる鶴兆のキムチは、季節によって風味が変わる野菜に合わせて塩加減を調整し、そのとき一番おいしく召し上がっていただける状態に。
野菜が本来持つ味を最大限に活かすため、野菜それぞれに合わせて作り方も変えています。
完全手作り、職人の知恵と技が凝縮された舌鼓を是非。
5. 鶴兆の衛生管理(セントラルキッチン)
鶴兆の味を最大限に引き出すため、豊富な経験を持つ選び抜かれた職人たちによって食材は衛生管理の徹底された当社セントラルキッチンで加工・調理されています。
また、お店でお客様にいつも新鮮なものを提供できるように毎日稼働。ここで加工・調理された食材はその日のうちに鶴兆各店へ運ばれ、お客様の前へ並びます。
6. 鶴兆の歴史(25年の歴史)
平成元年二月四日に第一号店 となる本店を大阪市平野区に開店させました。
当初はプレパブ小屋のような小さな店に寄せ集めたような椅子、決して綺麗と言えるような店ではありませんでした。食材も全て自分たちで揃え、毎日奮闘し営業する中で少しずつお客様に来て頂けるようになりました。
そんなお客様に支えて頂き、今では25年で全9店舗に成長できました。
今では、あの頃のお客様のお孫さんがご来店して頂けています。
世代交代、時代変化、その中で鶴兆はこれからも常に努力を重ね、更なる歴史を積み上げていきます。

上へもどる